INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. ピンク&ブラックのリビングコーデ

N 様

ピンク&ブラックのリビングコーデ

今回インテリアコーディネートを依頼されたご感想をお聞かせください。
新居のLiving Roomをコーディネートいただきました寺田さんは思考・左脳タイプの私とは真逆な感性・右脳の方で初めてお会いした時は目的がはっきりしないまま表参道や外苑のインテリアショップや照明のみ扱っているお店、日本ではあまり知名度がないお店など、ランダムにツアーをするとこから始まりました。 
日本のインテリアの感性が欧米と比べるととても画一的で遅れている、世界の今のトレンドを理解しないまま家具を選んでいる現状をわかっているからこそ敢えて思考の枠を越えるような提案を最初にしていただいたんだな、と今になって感じています。 
元々は無難なインテリアコーディネートを想定していたのですが寺田さんとお話ししたり色々なインテリアショップをめぐる中で私自身気づいていなかった自分が好きな感性を発掘していただいて、思った以上の素敵なLiving Roomとなりました。 
新たな風を吹き込みたいという寺田さんの意志も反映しながら、顧客の潜在的なニーズを発掘して両者をうまくブレンドする手法は寺田さんのセンス、感性、人に寄り添える能力やクライアントの満足度を優先することに基づいているのだと思います。
この度はありがとうございました。